読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moving Life

シンプルライフに憧れて

Moving Life

度重なる引越しからモノを持たない生活に憧れて実践中。
シンプルに生きたいです。

私のふるさと納税のやり方

お金・節約

ふるさと納税って

やってみようと思っても

よく分からないし、

調べてまでやるほど

興味もないって人が多い気がします。

 

なので、私がやってる方法を

ざっくり書いてみました。

 

1、寄付しても損しない限度額を調べる

控除金額シュミレーションってのが

いろんなサイトでできます。

源泉徴収票を見ながら、

必要項目を記入していくだけ。

 

私が利用しているサイト ↓

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 控除金額シミュレーション

 

この限度額以内なら

2000円以上の金額分は来年の住民税が安くなります。

 

私の場合は、限度額約3万

今年3万寄付 → 来年の住民税が -2万8千円

 

 

2、寄付する自治体を決める

私が利用しているサイト ふるさとチョイス

 

私の場合は食費節約の為に

米、肉、野菜で探しました。

 

各自治体のHPを見れば

寄付の申し込み方法と

お礼の品が書かれていますが

知ってる自治体なんて

故郷と住んだことがある地域くらい。

 

寄付先を決める方法は

多くの人がお礼の品が欲しくて

寄付をしていると思います。

なので、いろんな自治体のふるさと納税

まとめて取り扱っているサイトに

登録するのがやりやすいかと思います。

ふるさとチョイスはお礼の品の数が多いです。

 

 

3、寄付をする

寄付の仕方はサイトから手順通り。

 

私はクレジット決算です。

 

 

4、ワンストップ特例制度の手続きをする

これをしないと、確定申告に行かなければなりません。

ワンストップ特例制度を利用できる人の条件がありますので

確認は必要ですが、一般的な会社員の人だと

この制度を利用するのが楽だと思います。

 

控除手続きをしないと、寄付金控除が受けられないので

来年の住民税から2万8千円(私の場合)引かれることなく、

ただただ3万(私の場合)払って品物をもらっただけになります。

 

ワンストップ特例制度の手続き方法は、

書類を書いて、身分証のコピーを同封して

寄付した自治体に郵送します。

 

書類は郵送されてくることもあるし

HPから印刷して送らなきゃいけないこともあるので

自治体ごとに確認は必要ですが

寄付してすぐにしなきゃダメってことはありません。

(翌年の1月10日までに必着)

 

書類が郵送されてくるのに

1ヶ月以上かかる自治体もあります。

 

なので、ふるさと納税をするタイミングは

年末ギリギリは避けたほうが安全かな...

と個人的には思っています。

 

寄付をした時も

ワンストップ特例制度の申し込みも

時間はかかるけど、ちゃんとできれば

受け付けましたと書類が届きます。

 

あと、めんどくさいのは引越しをする時。

寄付をしたあとに年内に引越しをしたら

住所変更の書類を各自治体に郵送しなければなりません。

なので、引越し予定がある人は

引越し後に納税するほうが良さそうですね。

 

 

 

ざっくり書きましたが、今年初めてやってみたので

来年の住民税がちゃんと安くなってるのか

まだ不安ではあります...

 

興味はあるけど、自分で調べるのは面倒だし不安って人は

ふるさと納税のイベントが行われていたりするので

そこに参加して、係りの人に教えてもらう方が良いかと思います。

その場で寄付をすることもできるみたいです。

有楽町には、ふるさとチョイスCafeという施設もあるみたいです。

 

縁もゆかりもない地域のことを

知るきっかけになり、節約にもなる 。

ふるさと納税っていい制度だと思います。

 

 

関連記事