読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moving Life

シンプルライフに憧れて

Moving Life

度重なる引越しからモノを持たない生活に憧れて実践中。
シンプルに生きたいです。

子供の頃の記憶の正体

子供の頃って知識がないから

あの正体はコレだったのか!

ってことが、大人になって知ることがあります。

 

過去記事で書いた、酒粕同様

つい先日分かったことがあります。

 

それが、片栗粉。

 

子供の頃、風邪をひいた時に

父親が鍋に水と砂糖と片栗粉を入れて

煮詰めたものを出してくれたことがありました。

 

これの、とろとろの食感と

砂糖の甘みが美味しくて癖になり

気に入って何度かせがんで

「片栗粉つくってー!」と

作ってもらった記憶があります。

 

f:id:Ao555:20161211224233j:plain

 

そのうち、自分で作れ。

と言われるようになりましたけど。

 

昔、おばあちゃん(父の母)が

同じように作ってくれたらしいです。

 

こーゆー代々受け継がれていくものって

なんか素敵だなって思います。

 

で、そんな感じなので

片栗粉 = 風邪の時に飲むもの

って記憶が定着してました。

 

片栗粉は料理に使うものってことは

一人暮らしを始めてから知りました。

けど、風邪のときに作ってもらった

片栗粉が葛湯ってことを知ったのはつい先日です。

 

くず湯って商品があることも

飲んだこともあったのに

その時は記憶に結びつきませんでした。

 

ここ数日の寒さに

ふと片栗粉飲みたいなー

でも、鍋でするのめんどくさいなーって感じで

電子レンジでやってみたところ

「...あれ?これって葛湯やん!」ってなりました。

 

いつか子供ができて

作ってあげる機会があれば

「片栗粉のくず湯やで」って出してあげよう。

 

 

関連記事