読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moving Life

シンプルライフに憧れて

Moving Life

度重なる引越しからモノを持たない生活に憧れて実践中。
シンプルに生きたいです。

お気に入りは普段使い しまい込んでの失敗談

シンプルルライフや断捨離をテーマにしている本で

よく見かける言葉。

 

お気に入りや高価なものを

特別な日だけ使うのではなく、普段使いをする。

 

自分が使っていて

心がときめく物だけを持ち、生活の質を高める。

 

昔、しまい込んでいた靴のおかげで

大失敗をしました。

 

学生の頃、夏休みに実家に帰省し、

友達とランチの約束をしました。

 

1週間ほどの帰省でしたが、

荷物はできる限り少なくするので

靴はもちろん履いている1足のみ。

 

その日は、ワンピースを着ていたのですが靴はスニーカー

 

かわいいサンダルでお出かけしたかったので

足の大きさがほぼ同じ母親に

借りられるサンダルが無いか聞いたら

靴箱の奥底にあった、何年も履いていないという

サンダルを貸してくれました。

母には少し若向けすぎるから、普段使いはせずに

遊びに行く時にでも履こうと取っておいたらしいです。

 

緑色の細めの紐が5本くらいで固定されている、

シンプルだけど可愛らしいサンダル

 

一目で気に入り、サイズもぴったりだったので

るんるん気分で履いてお家を出たのですが...

 

待ち合わせ場所まで、あと3分くらいのところで

歩いている時に「ぶちっ」って音と違和感

 

片足のサンダルの紐が見事に全部切れてしまい

板の上に足を置いている状態に。

みっともない上に、このままじゃ歩けない...

 

運の良いことに100m先に靴屋さんがあったので

裸足で駆け込み靴を購入。

 

痛い出費で、好みのデザインもなく

待ち合わせに遅れるわで、苦い思いをしました。

 

このサンダル事件から、

靴を履かずに、しまい込むのは危険って事を学びました。

履いてなくても、数年放置していたら

靴は劣化するそうです。

 

最近読んだ本「フランス人は10着しか服を持たない」に

1番いいものを、もったいないからと取っておくのはやめる。

毎日1番良いものを使う。

と書かれていたものを読んで、思い出したサンダル事件。

 

最近、結婚式参加のために購入したパンプス。

しまい込んでいたけど、普段使いをしようと意識改革になりました。

 

関連記事